映画の事やら

アンダルシアの犬
ダリのシュールレアな映像作品ですな♪

注 偽物だけど眼球を切るシュールな場面が在るんで
生理的に見れない人は見たらダメです(自己責任!なのですから><//)




それで、映画のジャンルはというと 見ないものに

恋愛映画⇒コメディーの作中で見るほうが良いから
1990~のメジャな流行もの(これは見ようと思えばすぐ見られるから)
邦画⇒尻切れトンボと予算の都合で終わる流れが多いから

この3ジャンル、ほぼ観ません!

なので、映画が好き。みたいな事を言う人が話して来ると
例えば映画系掲示板の住民さんだとかブロガーさんだとか映画イベ主催さんやら以外だと

何が好きかという時点で作品を双方出した瞬間

「ん??」  「あ??」

「・・・・・・・」 と双方こうなります。

例えばゴン君の中の人は上みたく
トーキー映画~ロシア映画までワールド問わず見ちゃう人
(なので普段は余り映画が好きだというのは出さない)
書いた3つ以外で自分が知らない作品を出されたら
「おおおお!」となるんですが

煽りたいだけの人。というのもこの世には居ますから、
さここ数ヶ月リアルタイムのことだけど、無理に
話を振って自爆する人のほうが何故か多いです。

話を合わせるのも面倒だから
スペイン映画のこのダリのアンダルシアの犬と
みつばちのささやきが好きだって答えると

確実にエアー作品(タイトル的に実在しないタイトル)を答えられたりして困りますね。








ゴン君の中の人の映画趣味というのがそもそも
自分で買った最初のVHSが中学3年で
「未来世紀ブラジル(コレクターズ)という時点で
カルト映画にアンテナが立ってしまったんでしょうね。

そんあある日、中学の頃近所のレンタルビデオ屋から妹が
”ぶきみくん”GARBAGE PAIL KIDS. という地雷そうなモノを借りて来て


ゴン君の中の人が、中古で売られていたら
テープを引き千切りたくなる映画ワーストNO.1な作品になっています。
何処にも誉め所も笑い所も皆無なんですよね。中学3年の自分が

「こんなのにレンタル代払って2時間潰さなくちゃいけないんだ!返して来い!今直ぐに!」

 (当時家の近所のレンタル店は
1本で1時間200円 半日500円 1日800円 延長500円した 一番最初の時期
しかし、映画DVDはレコード屋販売で、買うと1本1万5千円したんです
映画趣味のコレクターだと散財趣味でしかなかったんですよね。、当時は)


と映画でガチ切れをした初作品でもあります


そんな”ここまで駄作の駄作なんて見た事がない!!
何をすればこういう産物が世に放てるのか??”

これを上回る程の駄作映画が存在するなら、ソレを是非見てみたい!と
そこから変なベクトルで映画趣味が始動して、至る現在という
中々年季の入っている趣味ではあるのですが


個人的には、エドウッド先生は素敵だし、キラートマトも大好きで
ラズベリーを取っている作品も、ブキミくんよりガチで面白いじゃんと思えたりするし
(ハワードザ。ダックはこよなく愛しております)

淀川さんが本当に個人的に誉めどころが0な映画にあった時のエピソードに
うろおぼえではあるが

「映画には最低でも1つは自分がうわー!とか、おお!と思える様な
誉めどころが1つは在るので、駄作というのは、この世にほぼ無いけれど
見る人次第でそれが1つも無い作品がその人には駄目な作品=駄作」
なんですよ。という、何だか妙に納得する話を覚えていて

自分の中ではブキミくんがそうなのだと未だに思います。


MUはここ数ヶ月INしたりしない日が多くなったりしているので
GW辺りからINする様にするのです!!
[PR]

by unagidani3 | 2015-04-12 01:36 | MU日記 | Comments(1)

Commented by fan at 2015-04-13 01:26 x
未来世紀ブラジルですか 懐かしい^^
 
私も見ましたよ^^b

今はそれほど映画見ていませんが、以前は月10本は見ていました。