未来世紀ブラジルなあ・・・

後味悪な映画

うーーーんこの手のランクものというのは

一般大衆向けのランクなのだろうか???


基本サスペンスとホラーを抜くと
この中で生粋に後味悪い映画というと

個人的に 「カッコーの巣の上で」 でしょうね


未来世紀ブラジルはあれ

廉価版というかカット版では鑑賞側が
ああ、夢を見ていたんだね。よかったね。位の誤解を招くEDだし

エディションを買わないと本当のEDではないですし
サムもデーター管理社会の権力に殺された人ですし。
ギリアム万歳!な作品で大好きです。





トラウマ映画の部類が

上記の後味悪い映画に当て嵌まりますよね

「ジョニーは戦場へ行った」とか

香港映画でカンフーや少林寺もの
リーの作品なんかは後味悪すぎるのが多いし

90年代のだと西部劇で冒頭から行き成り主人公が捕らえられていて
鎖で炎天下の中野ざらしで、もうEDはここで見えているんじゃないだろうか?と言わんばかりに
主人公の死亡フラグしか立っていない作品がありまして

そのタイトルを忘れているので、 90年代以降のTV地上波(CX)で流すような
西部もので敵が最後まで敵でしかない
勧善懲悪なんてそっち退けの作品なら アレだぜ という方コメください。


若い早撃ちガンマンだかカウボーイだかで

同じ仇だからと、主人公を助けたまま道中一緒になる女との2PT映画でした
その敵に悉く返り討ちにされて
結局、主人公のカウボーイがその敵に殺されて
大円団な作品なんですが。何でしたかね。


あとランク的にサスペンスで「ミザリー」入ってないなと思うしだいで御座います


==========================


MUはというと ネタ探しのたびへ!!
[PR]

by unagidani3 | 2014-08-17 20:59 | MU日記 | Comments(0)