翼とか羽を描くと

高校の美術部だったころ、何故か高校美術展という
一大イベントがありまして

流れ的に引っ張られて入部した自分は当時
見るのは好きだが描くほうに回るのは・・・という
駄目な感じの部員であり

初年度には半年かけて捏ね繰り回してできた現物は
油絵の具が総重量も20kgを超えた
運び出すのにも2人がかりで
只管クソ重いだけの鳳凰的な謎の絵ができまして
先生はそれが甚くお気に入りだったご様子なのでしたが

個人的には「何故コレが良いのか分からない。。。」と思っておりました

(印刷すると確かに部員の皆がアレがどうしてこう見えるんだ??!という位
リアル絵に近い印刷マジックが全開した作品にできてはいたが・・・)



その前身は下絵に天使の落書きをしていたら

「ゴン君ソレはネタ切れの時にする素材だからNGだ」と
担当の先生から即駄目出しをくらいましたっけ
聞くと人間に羽系統&小鳥の鳥籠系統は雰囲気的には一部受けがいいらしいものの
描く側としては

不安定な表現とか希望の未来的なそうしたのを
手取り早く使う安直な手=ネタ切れでやる題材だというのですね

うーーん??自分はというと漫研の連中に引っ張られて
ここも幼馴染が
「ウチに入ると漫画を読んで不二家でケーキ買ってそれ食べて遊んでるだけだよ」
なんて悪魔のお言葉に乗せられてフラフラ入ってしまった部ではあったのでしたが・・・
確かにそうだったけど、動く時は動くので
さあ!本を作るんだとナニカの資料を山のように渡されたっけ。



次は美術部で基礎を覚えるのだと言い出した同級生に引っ張られ
そんな感じで掛け持ちしただけだしなあと、当時小難しいことは分からなかったけれど
実際美術をすると上記は通説のようでして

MUだとゴン君が天使系の羽なのでありますが
この場合上記はネタ切れで描いたのではないぞ?なんて最近思ったり致します。


そんな事を思い出したら何時ものへっぽこWiZさんを

ちょっとだけシリアス絵にしてみました。・・。・。





c0269262_1104618.jpg

[PR]

by unagidani3 | 2014-02-22 10:46 | MU日記 | Comments(0)